4.6.課金確認コマンド

目次 (4.6.課金確認コマンド)

4.6.   課金確認コマンド
4.6.1.  プロジェクト単位従量課金確認コマンド thismonth
4.6.2.  利用者単位従量課金確認コマンド uacct
4.6.3.  利用者単位アプリケーション課金確認コマンド uacct_apl
4.6.4.  課金確認コマンドの情報反映タイミング

▲このページの先頭へ

4.6. 課金確認コマンド

4.6.1. プロジェクト単位従量課金確認コマンド thismonth

基本サービスでの本年度当月初めからの終了ジョブに対する従量課金額等の情報が得られます。
thismonth(引数無し)で当月の情報が、thismonth YYYYMMで西暦と月を与えると該当年月の情報が得られます。
指定年度の情報を表示する場合はthismonth_HYYを実行します。 ※HYYは任意年度
thismonth_HYY YYYYMMで西暦と月を与えることで、指定年度の該当年月の情報が得られます。

【実行例1】

$ thismonth
Charge information of *** in this month.
system   njob    avg_et avg_nodes avg_procs  et_nodes    charge    et_max et_np_max    np_max
A          23       0.4      15.3     184.5      19.4    1725.0       8.3     166.7       924
B          16       0.0       1.6      26.2       0.5      37.0       0.1       4.0        32
D          49       0.1      18.3     365.7      48.8   13078.0       0.2      77.6      1600
E          22       0.0      10.4     208.2       3.3     994.0       0.3      47.8       620
F           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0
G           1       0.0       1.0      20.0       0.0       6.0       0.0       0.7        20
H           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0
V          12       0.0       3.0      36.7       0.3      19.0       0.0       0.4        60
 
TOTAL: 15859 yen

【実行例2】

$ thismonth 201904
Charge information of *** in this month.
system   njob    avg_et avg_nodes avg_procs  et_nodes    charge    et_max et_np_max    np_max
A          23       0.4      15.3     184.5      19.4    1725.0       8.3     166.7       924
B          16       0.0       1.6      26.2       0.5      37.0       0.1       4.0        32
D          49       0.1      18.3     365.7      48.8   13078.0       0.2      77.6      1600
E          22       0.0      10.4     208.2       3.3     994.0       0.3      47.8       620
F           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0
G           1       0.0       1.0      20.0       0.0       6.0       0.0       0.7        20
H           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0
V          12       0.0       3.0      36.7       0.3      19.0       0.0       0.4        60

TOTAL: 15859 yen

【実行例3】

$ thismonth_H30 201804
Charge information of xxx in this month.
system   njob    avg_et avg_nodes avg_procs  et_nodes    charge    et_max et_np_max    np_max
A         257       0.1       1.6      19.2      34.2    3078.0      21.0     251.7       240
B         240       0.0       1.1      16.8       4.4     251.0       0.1       4.7        32
C         355       0.0       1.3      15.3      10.4     661.0       0.2      48.5       216
D         244       0.0       1.4      27.9       9.3    2254.0       0.3     100.6       400
E         250       0.0       1.4      27.5       8.0    2083.0       0.2      70.3       320
F         465       0.0       1.1      45.8       8.1    3970.0       0.0       0.8       400
G           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0
H         257       1.1       1.5      12.8     292.3   29037.0      72.0     576.1       240
V           0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0       0.0         0

TOTAL: 41334 yen

<出力説明>

system システム名
njob ジョブ数
avg_et 平均経過時間(h)
avg_nodes 平均ノード数
avg_procs 平均プロセス数
et_nodes ノード時間(h)
charge 課金額(円)           ※H26年度のFOCUS賛助会員の価格はカッコ付きで表示
et_max 最大経過時間(h)
et_np_max 最大プロセスノード時間(h)
np_max 最大プロセス数

<注意>
コマンドの出力結果に下記の項目は反映されておりません。

  • 実行中のジョブおよび当日終了ジョブ分
    (コマンド出力への反映は、ジョブ実行終了日の24:00です。 参考・「4.6.4. 課金利用コマンドの情報反映タイミング」)
  • トライアルユース、FOCUS賛助会員加入特典等の割引額
  • 期間占有利用(計算資源予約)の利用分
  • 連休特別キュー(GW特別キュー等)の利用分

▲このページの先頭へ

4.6.2. 利用者単位従量課金確認コマンド uacct

基本サービスでの本年度の終了ジョブに対する従量課金額等の情報が得られます。
uacct(引数無し)で当月の情報が、uacct YYYYMMで西暦と月を与えると該当年月の情報が得られます。
指定年度の情報を表示する場合はuacct_HYYを実行します。 ※HYYは任意年度
uacct_HYY YYYYMM で西暦と月を与えることで、指定年度の該当年月の情報が得られます。

【実行例1】

$ uacct
Charge information of ******** in 201904 :
Computational: 945 (Rack rate: 945)
Items
A:       9 nodehours, 833 yen
B:       1 nodehours, 3 yen
D:       1 nodehours, 20 yen
E:       1 nodehours, 83 yen
F:       0 nodehours, 0 yen
G:       1 nodehours, 6 yen
H:       0 nodehours, 0 yen
V:       0 nodehours, 0 yen
=====================================================
Total charge : 945

【実行例2】

$ uacct  201904
Charge information of ******** in 201904 :
Computational: 945 (Rack rate: 945)
Items
A:       9 nodehours, 833 yen
B:       1 nodehours, 3 yen
D:       1 nodehours, 20 yen
E:       1 nodehours, 83 yen
F:       0 nodehours, 0 yen
G:       1 nodehours, 6 yen
H:       0 nodehours, 0 yen
V:       0 nodehours, 0 yen
=====================================================
Total charge : 945

【実行例3】

$ uacct_H30 201804
Charge information of afse0025 in 201804 :
Computational: 7842 (Rack rate: 7842)
Items
A:       9 nodehours, 641 yen
B:       1 nodehours, 152 yen
C:       1 nodehours, 89 yen
D:      17 nodehours, 5154 yen
E:       0 nodehours, 1806 yen
F:       0 nodehours, 0 yen
G:       1 nodehours, 6 yen
H:       0 nodehours, 0 yen
V:       0 nodehours, 0 yen
=====================================================
Total charge : 7842

<出力説明>

Computational: 演算ノード課金額
Rack rate: 演算ノード割引前課金
Items 内訳
A : A システム ノード時間、課金額
B : B システム ノード時間、課金額
D : D システム ノード時間、課金額
E : E システム ノード時間、課金額  ※H26年度のFOCUS賛助会員の価格はカッコ付きで表示
F : F システム ノード時間、課金額
G : G システム ノード時間、課金額
H : H システム ノード時間、課金額
V : V システム ノード時間、課金額
Total charge 合計課金額

<注意>
コマンドの出力結果に下記の項目は反映されておりません。

  • 実行中のジョブおよび当日終了ジョブ分
    (コマンド出力への反映は、ジョブ実行終了日の24:00です。 参考・「4.6.4. 課金利用コマンドの情報反映タイミング」)
  • トライアルユース、FOCUS賛助会員加入特典等の割引額
  • 期間占有利用(計算資源予約)の利用分
  • 連休特別キュー(GW特別キュー等)の利用分

▲このページの先頭へ

4.6.3. 利用者単位アプリケーション課金確認コマンド uacct_apl

Gaussian, MIZUHO/BioStation, Parallel CONFLEX本年度の従量課金額等の情報が得られます。
uacct_apl(引数無し)で当月の情報が、uacct_apl YYYYMMで西暦と月を与えると該当年月の情報が得られます。
指定年度の情報を表示する場合はuacct_apl_HYYを実行します。 ※HYYは任意年度
uacct_apl_HYY YYYYMM で西暦と月を与えることで、指定年度の該当年月の情報が得られます。

【実行例1】

$ uacct_apl
Charge information of ******** in 201904 :
Computational: 245 (Rack rate: 245)
Items
Gaussian:       1 nodehours, 19 yen
MIZUHO/BioStation:       2 nodehours, 133 yen
=====================================================
Total charge : 152

【実行例2】

$ uacct_apl  201904
Charge information of ******** in 201904 :
Computational: 245 (Rack rate: 245)
Items
Gaussian:       1 nodehours, 19 yen
MIZUHO/BioStation:       2 nodehours, 133 yen
=====================================================
Total charge : 152

【実行例3】

$ uacct_apl_H30 201804
Charge information of ******** in 201804 :
Computational: 54 (Rack rate: 54)
Items
Gaussian 09:       0 nodehours, 51 yen
MIZUHO/BioStation:       0 nodehours, 1 yen
Parallel CONFLEX:       0 nodehours, 2 yen
=====================================================
Total charge : 54

<出力説明>

Computational: 課金額
Rack rate: 割引前課金
Items 内訳
Gaussian 09 : Gaussian 09 ノード時間、課金額
MIZUHO/BioStation : MIZUHO/BioStation ノード時間、課金額
Total charge 合計課金額

<注意>
デバッグキューや専用キューにて実行されたジョブについてもアプリケーション利用料金が発生いたします。
また、コマンドの出力結果に下記の項目は反映されておりません。

  • 実行中のジョブおよび当日終了ジョブ分
    (コマンド出力への反映は、ジョブ実行終了日の24:00です。 参考・「4.6.4. 課金利用コマンドの情報反映タイミング」)

▲このページの先頭へ

4.6.4. 課金利用コマンドの情報反映タイミング

課金確認コマンドは、ジョブ実行履歴データを利用して課金計算を行っています。
ジョブ実行履歴データは毎日0時の時点で終了しているジョブを反映します。
その為、課金コマンドを実行するタイミングにより課金計算に含まれないジョブが存在する場合があります。

(例1)7月9日14:00に終了したジョブは、7月10日0:00以降に課金確認コマンドに反映されます。
(例2)7月10日0:00時点で実行中のジョブは7月10日の課金確認コマンドには未反映となります。

▲このページの先頭へ