【FOCUS実習室】2020年度 実習室利用受付開始(変更点やお知らせ)

2020年6月3日 | Last modified: 2020年9月18日

【FOCUS実習室】2020年度 実習室利用受付開始(変更点やお知らせ)

2020年度の実習室利用受付を開始いたしました。

ご利用にあたっては、必ず下記の手引きをご覧の上、必要な申請を進めてください。

実習室利用の手引き

今年度も引き続き実習室をご活用いただきますようよろしくお願いいたします。

 

2020年度の講習会開催に関わる運用については、以下の点が変更となります。

《変更点》

1)2020年度 実習室 仮予約申請方法について

2)様式と規程の改訂

 

1)2020年度 実習室 仮予約申請方法について

以下に記載する「実習室利用申請」、「講習会用アカウント申請」、「講習用端末機設定ヒアリングシート」の各書類を添えて、メールにてお申込みください。

lecture[at]j-focus.or.jpまで。([at]を@に変更してください)

※従来運用しておりました実習室予約カレンダーは、サービスを終了いたしました。

実習室1(大)及び実習室2・3(小)の空き状況については、以下『空き状況カレンダー』 から確認可能です。ただし「実習室1・2・3」の別は指定はできません。

「スパコン利用の有無」や「講習会の企画内容、人数規模」等の申請にもとづき、適切な実習室を割当いたします。

空き状況カレンダー   :水色「空きあり」 黄色「空き残り1」 赤色「空きなし」

     :実習室1(大)空き状況

     :実習室2・3(小)空き状況

1、実習室利用申請の書類

様式31 高度計算科学研究支援センター実習室利用許可申請書

2、講習会用アカウント申請の書類(2020年度改訂版)

スパコンを利用する場合 様式21 講習会用FOCUSスパコンアカウント利用申請

スパコンを利用しない場合 様式22 講師用受講者用ローカルアカウント利用申請

3、講習会の端末設定に関する書類(提出は実習室予約後でも可)

講習用端末機設定ヒアリングシート

2)様式と規程の改訂

1、講習会用アカウント利用規程(2020.4.1改訂)

2、様式21 講習会用FOCUSスパコンアカウント利用申請(2020.4.1改訂)

3、様式22 講師用受講者用ローカルアカウント利用申請(2020.4.1改訂)

申込やお問合せ先 講習会担当窓口  lecture[at]j-focus.or.jpまで。([at]を@に変更してください)

 

《お知らせ》

1)  実習室2・3の新設と運用開始

2)講習用端末機 2019年度設定の削除

3)2019年度FOCUSスパコン講習会アカウント(講師)データを削除しました

4)2020年度 講習会用キュー構成

5)2020年度 講習会アカウント(講師用/受講者用)の運用方法

 

1)  実習室2・3の新設と運用開始

実習室2・3を新設し、運用を開始しました。スペック等の詳細はこちら

なお前述の通り、今年度は、お申込み時に「実習室1・2・3」の指定はできません。ご了承ください。

2)講習用端末機2019年度設定の削除

2019年度に設定いただきました端末機の設定内容は4月1日をもちまして削除いたしました。ご了承ください。

3)FOCUSスパコン講習会アカウント(講師)データ削除

講習会アカウント(講師用)にてFOCUSスパコンに保存されたデータを削除いたしました。グループ共用領域(/home1/glxx/share)も削除対象です。受講者用アカウントのデータはすでに削除済みです。

4)2020年度 講習会用キュー構成

2020年度、講習会用キュー構成の変更点はありません。

※キュー構成は下記URLをご参照ください。

URL:https://www.j-focus.or.jp/focus/focus_information/entry-2066.html#lec

5)2020年度 講習会アカウント(講師用/受講者用)の運用方法

2020年度、講習会アカウント運用方法に変更はありません。

FOCUSスパコン講習会用アカウントの利用について

・講師用アカウント :年度内は随時利用可能

・受講者用アカウント:講習会前後1週間

 

 

ご不明な点は、お問合せ先 講習会担当窓口  lecture[at]j-focus.or.jpまで。([at]を@に変更してください)