2.FOCUSスパコンへのログイン

利用者は遠隔地からインターネットを介してFOCUSスパコンフロントエンドサーバへログインし、入出力ファイルの転送、
プリポスト処理、ジョブの投入等の作業を実施します。
本章では遠隔地のローカルPCからFOCUSスパコンフロントエンドサーバへログインする2つの経路を説明します。

FOCUSスパコンにログインするには、以下2つの経路があります。

2-1) SSH鍵交換による接続 (ローカルPC⇒ログインサーバ⇒フロントエンド)

2-2) SSL-VPNによる接続 (ローカルPC⇒フロントエンド)

 

2-1 SSH 鍵交換による接続

【参考】

 

1)利用者にて秘密鍵と公開鍵を作成
2)OKBiz >公開鍵登録 にて公開鍵を送付
  ※絶対に秘密鍵を送付しないでください!
3)OKBizから登録完了の連絡がきた後にログイン
$ ssh 利用者ID@ssh.j-focus.jp

Last login: 前回ログイン日時 from 前回ログイン時のホスト名

[利用者ID@login1 ~]$ ssh ff

Last login: 前回ログイン日時 from 前回ログイン時のホスト名

[利用者ID@ff01 ~]$

tera-term等ターミナルエミュレータを使っての接続は上記FOCUSスパコン利用の手引をご参照ください。

 

2-2 SSL-VPNによる接続

【参考】

「FOCUSスパコン利用の手引」 2.1.2インターネットからのSSL-VPN接続による利用方法

SSL-VPN利用の手引

1) Cisco AnyconnectMobility Cliantを起動 (初回は要インストール)

2) ホスト名vpn.j-focus.jpを指定

3) 利用者ID、パスワード を入力し、SSL-VPN接続を確立

4) ログイン

$ ssh 利用者ID@ff

Last login: 前回ログイン日時 from 前回ログイン時のホスト名

[利用者ID@ff01 ~]$  (ff01/ff02のいずれかにログインとなります)

tera-term等ターミナルエミュレータを使っての接続は上記FOCUSスパコン利用の手引をご参照ください。