2019年度 FOCUSスパコン利用のためのLinux初級講習会

2019年3月19日 | Last modified: 2019年4月8日

FOCUSスパコンはLinuxベースのOSを採用しており、利用するためにはLinuxコマンドを使って操作する必要があります。
本講習会ではFOCUSスパコン利用に最低限必要な基本的なLinuxの知識・コマンドを、講師による説明を交えながら習得することができます。
本講習会は、「FOCUSスパコン利用講習会(基本コース)(応用コース)」の前に開催します。Linux未経験の方は是非とも受講をご検討ください。

【開催概要】

主催 公益財団法人 計算科学振興財団(FOCUS)
場所 高度計算科学研究支援センター(計算科学センタービル)2階 実習室 アクセス
日時 【開催日程】を参照※10時半~12時(1時間半)(受付 10時15分~)
※FOCUSスパコン利用講習会と同日開催
対象者 FOCUSスパコン利用講習会受講者
FOCUSスパコンユーザ
定員 20名(先着順)
受講料 一般:20,000円(税抜) FOCUSスパコンユーザ:無料
実習端末 実習室に備付のPCを利用、PCの持参は不要

【開催日程】(講習内容は各開催日、全て同じです。)

開催日 申込締切
4月22日(月) 4月17日(水)10時
5月13日(月) 5月8日(水)10時
6月4日(火) 5月30日(木)10時
7月2日(火) 6月27日(木)10時
8月6日(火) 8月1日(木)10時
9月3日(火) 8月29日(木)10時
10月1日(火) 9月26日(木)10時
11月6日(水) 10月31日(木)10時
12月3日(火) 11月28日(木)10時
1月7日(火) 12月26日(木)10時
2月4日(火) 1月30日(木)10時
3月3日(火) 2月27日(木)10時

【プログラム】

  • スーパーコンピューターを利用する
    • スパコンとは
  • Linuxとは
  • FOCUSスパコンへログイン  ≪実習≫
  • 用語説明(基本操作の前に)
    • コマンド
    • シェル
    • ディレクトリ
    • パス
    • 環境変数
    • 標準入力/出力
    • リダイレクション
  • コマンド実行  ≪実習≫
    • ls       ファイル一覧を表示する
    • pwd       カレントディレクトリを絶対パスで表示
    • cd        カレントディレクトリを移動する
    • mkdir     ディレクトリの新規作成
    • rmdir     ディレクトリの削除
    • cp        ファイルやディレクトリをコピーする
    • mv        ファイルやディレクトリの移動または名前変更
    • rm        ファイルの削除
    • cat       ファイル内容の標準出力する
    • tail      ファイルの最後の数行を標準出力する
    • head      ファイルの最初の数行を標準出力する
    • less      ファイルを表示する(スクロールできる)
    • grep      ファイル内の文字列を検索、抽出
    • chmod     ファイルのアクセス権限の変更
    • printenv  環境変数の表示
    • echo      文字列や環境変数の表示 
  • コマンド操作Tips  ≪実習≫
    • タブ補完
    • 過去コマンドの参照
    • > リダイレクト
    • | パイプ
  • エディターの利用 ≪実習≫
    • Emacs
    • vi,vim

【受講申込み】

受講申込方法 FOCUS主催講習会受講申込書(様式26-1)」をダウンロードし、1頁目の注意事項をよく読み、必要事項を記入してください。
件名を「受講申込 FOCUSスパコン利用のためのLinux初級講習会」として、 電子メールにてお送りください。
規程・約款 講習会用アカウント利用規程
受講申込
お問い合わせ窓口
講習会窓口(lecture[at]j-focus.or.jp)まで。([at]を@に変更してください)