FOCUSスパコンご利用前FAQ

(2017/08/09版)

1.質問窓口について

1-1) 利用開始前の質問窓口はどこですか?
Webページの「お問い合わせ」(http://www.j-focus.or.jp/contact/)よりご相談・お問い合わせください。
1-2) 利用開始後の質問窓口はどこですか?
OKBiz(https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/)です。

2.FOCUSスパコンをリモートから利用するには

2-1) FOCUSスパコンをリモートアクセスする方法は?
鍵交換方式を用いたSSH接続と、SSL-VPN接続があります。
2-2) 鍵交換方式を用いたSSH接続とSSL-VPN接続の差異は?
鍵交換方式を用いたSSH接続の場合は、事前に公開鍵をセンター側へ登録依頼を行う必要があります。
センター側に公開鍵の登録後にTeraTerm等のSSH接続に対応したターミナルソフトにて秘密鍵を用いて、ログインサーバに接続を行います。
ファイル転送等はログインサーバとクライアントマシン間でおこないます。
SSL-VPN接続の場合、VPNクライアントソフトを利用してクライアントマシンとFOCUSスパコン間で接続を確立します。
SSL-VPN接続確立後はTeraTerm等のSSH接続に対応したターミナルソフトでフロントエンドサーバに直接接続します。
ファイル転送は接続したサーバとクライアントマシン間で行います。

3.ソフトウェアやアプリケーションについて

3-1) ライセンスが必要なアプリケーションはどのように使うのですか?
ライセンスが必要なアプリケーションのうち、FOCUSスパコンに予めインストールされているIntelコンパイラなどは、追加の設定や手続きなくご使用いただけます。
その他のライセンスが必要なソフトウェアに関しましては、ソフトウェアベンダーにお問い合わせください。
3-2) FOCUSスパコンに導入されていないソフトウェアを利用したいのですが、
ホームディレクトリの下にインストールして使うことは可能でしょうか?
はい、インストールしてご使用ください。
3-3) 社内で使用しているソフトウェアと同じものがFOCUSスパコンに導入されているのですが、既に持っているライセンスをFOCUSスパコンに移して使用することはできますか?
ライセンスの発行元(ベンダー)にご確認ください。
※このような方法での利用を不可としているベンダーもあります。そのような場合、FOCUSスパコン用に新たにライセンスを取得する必要があります。
3-4) FOCUSスパコンをソフトウェアのサポートベンダーと一緒に使用するような方法はありますか?
はい。プロジェクト単位でファイルシステムが作成されますので、利用者間でファイルアクセス等できるように利用申請の際に、(申請書を出す単位の)プロジェクトの下に従事者として、サポートベンダーの方に入っていただくことで可能となります。
3-5)
利用前にアプリケーションの評価(自社コード/オープンソース/ISV)を希望しています。
利用期間・リソース(有償・無償)や手続きはどのようにすればよいですか?
アプリケーションの実行検証には、ISVアカウントを取得してください。アカウント発行料は無料です。
利用期間は年度単位です。検証にはデバッグキューをご利用ください。
開発やポーティング/チューニングは有償の一般課題を申請しアカウントを取得してください。

4.施設利用について(端末利用室、実習室)

4-1) 端末利用室を利用したい場合はどうすればよいですか?
FOCUSスパコン利用ポータルサイト(https://portal.j-focus.jp/focus/app/)から予約してください。
※予約システムを利用の際は、SSL-VPN接続が必要です。
使用不可のときはOKBiz(https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/)でご連絡ください。
4-2) FOCUSスパコンシステムを使って講習会を開催したい場合はどうすればよいですか?
「実習室利用の手引き」をご覧ください。

5.FOCUSスパコンのトラブル対応支援について

5-1) 土日、祝日にFOCUSスパコンでシステム障害が起きた場合すぐに対応していただけるでしょうか?
翌業務日対応となります。

6.利用手続きについて

6-1) 手続きはどのようにすればよいでしょうか?
「利用の流れ」(http://www.j-focus.or.jp/focus/flow.html)をご確認ください。
 提出書類等は(http://www.j-focus.or.jp/focus/documents.html)からダウンロードできます。

7.トライアル利用について

7-1) トライアル利用枠内のみの利用は可能でしょうか?
可能です。ただし、アカウント発行手数料等の初期経費は必要になります。

8.ベンダーとしての利用について

8-1) ベンダーですが、FOCUSスパコンを受託解析の計算の実行に使用しようと考えております。
この場合、どのアカウント(ISV事業者用アカウント、一般ユーザ用アカウント)を使用すればよろしいでしょうか?
ISV事業者様用のアカウントは、インストール作業やインストールされているソフトウェアの保守作業用のアカウントです。このアカウントは演算ノードの使用も最低限の動作テスト用途に限られております。受託解析等の計算を行う場合は、一般ユーザアカウントを取得してご使用ください。